大阪本場青果卸売協同組合
ホームへ 今月の旬便りへ なにわの野菜塾へ 目指せベジフルさんへ 協子さんの知っ得ノートへ

68ページ

中秋の名月

夏の暴威のおかげで、まだまだ暑いですが、暑中が残暑にかわり、秋は密やかに忍び寄ります

中秋って何?


昔から旧暦の八月十五日の月を「中秋の名月」と呼んできました。
2018年は9月24日が中秋の名月、翌日の9月25日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。
旧暦では八月は秋です。
「一・二・三月」は春、
「四・五・六月」は夏
「七・八・九月」は秋です。
しかもそれぞれの季節に属する月には「初・・」「中・・」「晩・・」の文字をつけて季節をさらに細く分けて使いました。
たとえば旧暦六月は「晩夏」となり、秋の三つの月の中でも真ん中の八月は「中秋」となります。

へえ〜
   
中(仲)
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月

中国では中秋節

中国では、この日は中秋節という祝日で、春節、端午の節句と並んで大きな節目の祝日となっています。
中国の人達は丸い月を団欒の象徴と考え、豊かな収穫を目前にしたこの日に家族が集まり、月餅を食べ、幸せで円満な生活を祈ります
唐の時代には詩人の白居易、杜甫などが中秋の名月の詩を数多く詠んでおり、この頃には都の中外、宮殿の内外で中秋の月見の宴が盛んに開かれていたようです。
現在でも、この日は夜の月が明るく輝き、家族が集まってそれを一緒に愛でる風習があることから、「団らん節」とも呼ばれています。
団らん節には、月を祭り、月餅を食べ、月餅を贈

りますが、もともと月餅は、唐代の玄宗皇帝が、毎年中秋節に楊貴妃と名月を鑑賞しながら食べたとされます、丸い名月をかたどった甘い餅に由来すると言われています。
その後、明代の頃に八月十五日の夜に賞月の宴が開かれ月餅が中秋節に食べられるようになり、又、清代には、裕福な家で月餅や果物を贈り、瓜や果物、月餅を庭に並べて月にお供えするようになり、その後庶民に広まっていったようです。

ふぅ〜ん

崑崙の兎

中国古代の伝説では、崑崙には不老長寿の薬を持つ西王母と彼女に仕えて薬を調合するうさぎがいました。
また、それに西王母の仙薬を盗み飲んで月に昇った嫦娥(ジョウガ)という女性(副作用でかえるに変身しました)が住んでいるという伝説があります。
中国では、毎年中秋節の夜には、中秋節にちなんだ食べ物に舌鼓を打ちながら、綺麗な月の中に嫦娥を探すのが秋の風物詩なのです。

ふぅ〜ん

日本の月兎は何故餅をつく?

兎はもともと、大陸からやってきました。次のようなイメージの変遷があったようです。

   
中国 日本
もともとは崑崙(こんろん)で西王母に仕え、臼と杵で不老不死の薬を作っていたウサギでした。 日本では杵と臼で薬を作らないのでウサギは餅をつく事になりました。
望月(もちづき、八月)から来たとも。
崑崙が月に西王母が仙人に変わりました

月で仙人と共にいるウサギは不老不死の仙薬を臼と杵で作ります。
ウサギがいるのは月です。
ウサギは月で餅をついています。
特に仙人は出てきません。
思いもよらず西王母の仙薬を飲んで、仙人になって月に昇った嫦娥(ジョウガ)。でも副作用で蛙に変身してしまいました。 嫦娥(ジョウガ)も蛙も出てきません。
かぐや姫を迎えに来た月からの使者は不老不死の薬を携えてきました。
欠けてもまた満ちて満月となる月は、不老不死のイメージに結びつき易いのでしょうか。
でも、こうして兎は月で餅をついているのです。
へえ〜

9月13日

日本では9月13日にも月見をする風習があります。
こちらは「十三夜」、「後の月」、「栗名月」とも呼ばれています。
十三夜には、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。
各地には「十五夜をしたなら、必ず十三夜もしなければいけない」という言葉が伝えられており、片方だけの月見を嫌う風習があったようです。
これは中国にはなく、日本独自のものです。

うんうん

中秋の様々なお供え

1.サトイモ等の芋類。
  昔は、このお祭りはサトイモなどの収穫祭の意味も持
  っていたのです。
2.ススキ。
  供えたススキを家の軒に吊るしておくと一年間病気を
  しないそうです。
3.南九州や沖縄などでは、十五夜に綱引きをする風習
  があります。
4.月見団子を縁側にお供えします。
  それを子どもたちが盗み食いをして、団子を多く盗まれ     た方が縁起がよいとされました。

  そんな風習が全国にあります。
5.お供えする月見団子の個数は、その年の旧暦の月数というのが一般的で、平年は12
  個、閏月のある年は13個お供えします。

すご〜い

大阪の昔のお供え

   
お供え お飾り その他
大阪市北区
西天満
まんじゅう屋で買った白い丸だんご十三個と、ゆがいた小いも十三個を三宝に盛り、縁側に置いてお供えします。 すすき お下がりのだんごに砂糖をつけていただきます。
大阪市港区 机に白い布を敷き、三宝にお月見だんごをのせます。
他に栗やさつまいもを盛ったかごも。
ススキを生けた花びん
お月見だんごは、上しん粉でつくった紡錘形のだんごを、ぐるっとこしあんでくるみます。
大阪府八尾市
恩知中町
米粉で十三、一つ(計一四個)のお月見だんごをつくります。 どろいも、油揚げ、こんにゃく、なたまめを油揚げのだしで煮、だんごと一緒に盛りつけます。 ススキ、ハギ、けいとうなどの生花を生けます。
大阪府寝屋川市対馬江 月見だんごは、小豆あんをこってりつけて十三、七つ(合計二十個)盛りつけます。 小いもは煮て十三、七つ盛りつけます。 一升びんにススキとハギをさして一緒にお供えします。
大阪府河内長野市滝畑 小いも、こんにゃく、みょうが(みょうがの子)の煮ものと、くぼ柿 空びんなどにさしたかや(ススキ)の穂を月に供えます。
大阪府豊能郡豊能町切畑 あん入りのだんごと、炊いて味付けしたずいきいもを供え、月見をします。 はぎやかや(すすき)を生けます。
大阪府岸和田市大工町 縁側に台を置き、ハギとススキを飾り、だんご、小いも、それに果物があれば、あるものを供えます。 煮干しでだしをとり、しょうゆと砂糖を少々入れた少し甘い澄まし汁をつくり、そこに月見だんご小いもと一緒に入れます。 だんごと小いもは併せて十三個お腕に入れてお供えします。
ふぅ〜ん

参考)
   大阪市科学館 「お月見の話」
   (財)農山漁村文化協会発行『聞き書き 大阪の食事』

 

 

組合概要・沿革

組合活動

理事長からのメッセージ

お問い合わせ

サイトマップ

厚生食堂(野菜部・果実部)

大阪本場青果卸売協同組合 copyright(C) 2004 OSAKA HONJOU SEIKA KYODOKUMIAI .All Rights Reserved.