大阪本場青果卸売協同組合
ホームへ 今月の旬便りへ なにわの野菜塾へ 目指せベジフルさんへ 協子さんの知っ得ノートへ

69ページ

冬の季節と青果のお話

冬至(とうじ)


今年(平成30年)の冬至は、12月22日土曜日です。
この日は冬至の日は太陽の高度が最低となって、一年の内で昼の時間が最も短く、夜が最も長くなる日です。
太陽恵みによって穀物や野菜をつくる農民にとって、この日は太陽の強さの復活を祈る日となりました。

冬至と柚
冬至の日には、柚の実をお風呂に浮かべて入ります。(柚湯、冬至湯)
柚湯は、疲労回復や神経痛に効果があり、言葉の力(言霊)が今よりも強かった昔は、冬至を「湯治」にかけて「身体に融通(ユズ)をきかせる」という願いを込めました。お寺では仏前に供えた「ゆず」に、翌年一年間の無病息災を祈念します。

ふぅ〜ん

冬至とかぼちゃ
冬至にはカボチャやコンニャクを食べる風習があります。(カボチャは夏の収穫期から冬至用に残しておきます。)
コンニャクは一年間たまった砂を払うものとされ「トウジ、コンニャクスナハライ」の言葉もあります。
かぼちゃにはビタミンA(リコピン)を始めとするビタミン類が豊富に含まれており、冬まで貯蔵することででんぷん質が糖分へと分解され、より甘く美味しくなります。
昔は、冬にビタミンなどの供給が不足しがちなので、かぼちゃのような野菜を食べてビタミンを補給し、風邪やしもやけから身を守ろうということがあったようです。

冬至と「ん」のつく食べ物
またかぼちゃ(なんきん)は「ん」が二つ重っていて良いとされました。他にもにんじん、れんこん、さやいんげん、きんかん、ぎんなん、きんとん、はんぺんなどが、「ん」のつく作物があります。
これらの「ん」のつく作物を食べることで、運、鈍、根にあやかって人は幸福になれるということだそうです。
一部の地方では,レンコン,みかんなど,「ん」のつく食べ物を朝のうちに7種類食べると幸福になれると言われています。

冬至とあずき
中国や韓国
では昔から、小豆は悪鬼を追い払うと信じられてあずき粥を作りました。日本でも石川県などではかぼちゃと小豆を一緒に煮た「いとこ煮」という料理があります。冬至にあずき粥や小豆を食べる地方はかなり多いようです。

その他
冬至の風習・言い伝え
「冬至に天気が良ければ翌年は豊作」
「冬至に雷が鳴れば雨が多い」
「冬至に南風がふけば地震・日照り・大雨」
「冬至に雪が降れば豊作」などいろいろあります。

運、鈍、根
事を成すには、運が良いことと根気が強いこと、そして適度の鈍さの三つの要素が必要だという昔からある言葉。「鈍さ」とは「愚鈍といわれるほど、がまん強く、自らの道をすすむこと」だそうです。

へえ〜

クリスマスと野菜と果物

家族だけの温かいホームクリスマス。
気が置けない友人・仲間達が集うささやかなクリスマス。
街の喧騒から離れて大人が楽しむクリスマスにはホームパーティが最適です。
そんなパーティーには、ゲストが料理を持ち寄って集る"ポットラック"がおすすめです。
"ポットラック"では、サラダ、チーズ、ワイン、デザートなどはゲストが分担して料理を持ち寄ります。
ホストは温かなメインのお料理やを用意しますし、クリスマスのデコレーションは特に腕の見せどころです。

クリスマスの献立例
ズッキーニのポタージュ 
<材料> 
   ・ズッキーニ 1本
   ・じゃがいも 1個
   ・玉ねぎ 1個
   ・チキンブイヨン 1個
   ・牛乳 4カップ(適宜) ・塩
   ・こしょう
   ・生クリーム
   ・水
   ・パセリ 少々
<作り方>
   1.ズッキーニとじゃがいもを薄切りにし、ひたひたの水にチキンブイヨン、こしょう
     少々を入れくたくたになるまで煮ます。
   2.1をミキサーにかけます。
   3.2をあたためた牛乳でのばす。味を見ながら塩を加えて下さい。
   4.器に盛りつけ、生クリームを少々、パセリをふりかけます。

大根のクリスマスサラダ 
<材料> 
   ・大根     1/2本
   ・きゅうり   1・5本
   ・ラディッシュ 3コ
   ・ドレッシング 好きなもの適量
<作り方>
   1−大根は細千切りにします。
   2−ラディッシュ、きゅうりは、薄輪切りにします。
   3−お皿に大根を敷きます。
   4−ラディッシュときゅうりをツリーに見立てて飾り付けるます。
   5−好きなドレッシングでいただきましょう。


ふぅ〜ん

クリスマスパンチ 
<材料>
   ・赤ワイン(ローズマリーを漬けたもの)…150cc
   ・サイダー…400cc
   ・オレンジジュース…200cc
   ・オレンジ…1個
   ・リンゴ…1個

・チェリー(枝付き)4個
・その他果物(リンゴ、キウイ、メロン、スイカ、ブルーベリー、バナナ、マンゴー、イチゴ等)…適量
・ナタデココ…適量
・ミント…適量
・レモン汁…大さじ1

<作り方>
   @オレンジを薄切りに、リンゴは星型に抜いてレモン汁で色止めします。
   Aボウルにレモン汁、オレンジジュース、赤ワインを加えよくかき混ぜます。
    (つめたく冷やしたスパークリング ワインとシロップでもいいかも知れません)
   BAに@を加え、食べる直前に冷したサイダーを注いで器につぎます。

その他にもこの時期の様々な材料があります。
ラディッシュ(二十日だいこん)
エンダイブ
レホール(洋辛子=ホースラーデッシュ)
エシャロット
アーリー(赤いたまねぎ)
コールラービー
パブリカ
ヤングコーン
デンファレ
バジル
ブロッコリ
アスパラ

うんうん

年越しそば(Soba Noodles Eating on New Year's Eve)


年越そばは「みそかそば」、「つごもりそば」、「大年そば」など、いろいろな呼び名があり、江戸時代中期からの習慣といわれています。

「年越しそば」の習慣は縁起物(いろいろないわれがあります)
・そばの細くて長い形から、家運、身代、寿命などが永くのびるように願いを込めた。
・商家の(毎月末にそばを食べる)風習が、大晦日に食べる年越しそばにつながった。
・そばの切れやすさが、旧年の苦労や借財や災厄などを大晦日にきれいさっぱり切り捨
 てるに通じた。
・金銀細工の職人が散らばった金粉を集めるときにそば粉を団子にして使ったことから、
 財産が集まるようにという縁起。
・少々の風雨に当たってすぐ立ち直るそばにあやかった。
・鎌倉時代、博多の承天寺で年の瀬を越せない町人に振舞われた「世直しそば」からき
 た。
・室町時代、関東三長者の一人増渕民部が毎年の大晦日に一年の無事息災を祝い、家人ともどもそばがきを食べた。この時、そばの実が三角形をしているので「世の中にめでたいものは蕎麦の種、花咲き実り、みかどおさまる」と歌ったのがおこりとする三角(みかど=帝)縁起説。

年越しそばのルール
・大晦日はお正月の準備を終え、一晩中眠らずに年神様を迎える日。この夜に早く寝る
 と皺が増えるとか白髪になるという言い伝えがある地方もあります。
・年を越す前に食べ終わりましょう。
 年を越してから食べるのは縁起が悪いと言われます。
・食べ方の決まりはありません。かけそばでもざるそばでもOKです。
 だからか、沖縄では「年越しそばっていったら、沖縄そばさ〜。年越しそばは沖縄そば
 でいいさぁ」とのことです。(勿論本来のそばもあります。)

ふぅ〜ん

おせち料理

元旦に祝う屠蘇の祝肴(おせち料理)は、無病息災と子孫繁栄の願いを祈ったものです
●黒豆……まめ(健康)に暮らせるように
●数の子……子孫繁栄
●田作り……豊年豊作祈願(片口いわしは江戸時代の高級肥料でした。)
●昆布……よろこぶ
●かちぐり……勝つ
●鯛(タイ)……鯛はおめでたい。
●橙(ダイダイ)……代々に通じる語呂合わせ。子孫が代々繁栄するように。
●錦たまご(ニシキタマゴ)……卵の白味と黄味をわけて、ニ色でつくった料理の二色
 (ニシキ)とおめでたく豪華な錦との語呂合わせ。
● 金平ごぼう……江戸初期、坂田金平武勇伝が浄瑠璃で流行りました。
 この豪傑金平にちなんで滋養満点のごぼう料理を金平ごぼうと呼んで強さや丈夫さを
 願いました。
●里芋(サトイモ)……里芋は子芋がいっぱいつきます。子宝にめぐまれるように、との
 意。
●紅白なます(コウハクナマス)……お祝の水引きをかたどりました。
●紅白かまぼこ(コウハクカマボコ)……江戸時代に様々な細工かまぼこが祝儀用とし
 て作られるようになると、紅白のおめでたい彩りが、おせちの定番になったようです。
●栗金団(クリキントン)……「金団」とは黄金の団子という意味です。くちなしの実で黄
 色に色付けて仕上げます。見た目の“黄金”の色合いが豪華に見える様子から、
 おせちの定番になったものと思われます。
●伊達巻き(ダテマキ)……「伊達」とは華やかさ、派手さを形容します。
 華やかでしゃれた卵巻き料理です。
 伊達巻きは、蒲鉾を作る際、つなぎに卵白を使用しますが、黄味の部分が余ってしまうので、それを活用するために考えだされたものです。

すご〜い

暮の野菜

・八つ頭(やつがしら)

里芋の一種で、中国では九面芋とも呼ばれます。親芋があまり成長せず、まわりにできた小芋の成長が早いので、 親芋を中心に小芋が合体した独特の形になります。くっついた小芋それぞれが「お頭」になるのが「八つ頭」の由来で、縁起がよいといわれ、ホクホクした歯ごた

えです。ヌメリが少なくアッサリした味わいで、 煮崩れしにくいので正月の煮物やお雑煮に使われます。
・ 京芋 (たけのこいも)

里芋の一種で、薄茶のしま模様があり、さつまいもに似た形をしています。地上に頭を出して植わっている様子が竹の子によく似ています。晩秋の出荷で八つ頭と同じく煮崩れしにくいので、煮物に向きます。

・金時にんじん(京にんじん)

芯まで真っ赤で細長く、長さは約30センチ。肉質は柔らかで甘味のあるのが特徴。醤油の味に馴染みやすいので、京料理や関西の正月料理には欠かせない彩りとして、古くから用いられてきました。
出荷の最盛期は12月で、現在は京都市南区の上鳥羽地域を中心に栽培されています。日本で栽培されているにんじんの主流はオレンジ色のずんぐりした西洋系ですが、東洋系で唯一市場に出回るのが金時にんじんです。煮物にしても鮮やかな紅色はそのまま残ります。

へえ〜
 

 

組合概要・沿革

組合活動

理事長からのメッセージ

お問い合わせ

サイトマップ

厚生食堂(野菜部・果実部)

大阪本場青果卸売協同組合 copyright(C) 2004 OSAKA HONJOU SEIKA KYODOKUMIAI .All Rights Reserved.