大阪本場青果卸売協同組合
ホームへ 今月の旬便りへ なにわの野菜塾へ 目指せベジフルさんへ 協子さんの知っ得ノートへ


今月の旬便り 北海道のメロン

メロン(甜瓜、英名:melon、学名:Cucumis melo L.)は果実を食用にするウリ科の一年生草本植物
メロンの名前は、ギリシャ語の"melopepon"(りんごのようなうり)が語源です。

界:    植物界 Plantae
門:    被子植物門 Magnoliophyta
綱:    双子葉植物綱 Magnoliopsida
目:    ウリ目 Cucurbitales
科:    ウリ科 Cucurbitaceae
属:    キュウリ属  Cucumis
種:    メロン  melo
学名    Cucumis melo
和名    メロン
英名    Melon

東北アフリカ、近東地方の原産です。
通常、西方に伝わった品種群をメロンと呼び、東方に伝わった品種群を瓜(ウリ)と呼びます。
果肉はオレンジ色のものと緑色のものがあります。
オレンジ色は、夕張メロンが代表的なもので、 緑色のものはアンデスメロン、プリンスメロン、マスクメロンなどです。
一般に、果肉はビタミンAを豊富に含む。

北海道のメロン

   夕張   - 夕張メロン
   三笠   - 三笠メロン
   雷電   - らいでんメロン 
   穂別   - 穂別メロン
   富良野他 - ふらのメロン
北海道外では
   静岡   - 静岡クラウンメロン
   渥美(愛知) - 渥美メロン
   南張(三重) - 南張メロン
   飯岡(千葉) - 飯岡貴味メロン
   鉾田(茨城) - メロンの出荷量が日本一

夕張メロン

北海道夕張市を産地とする赤肉のメロンです。
父親は「夕張キング」、「スパイシー・カンタロープ」。
母親は「アールス・フェボリット」。
1961年に誕生しました。
高級品として有名です。
ハウス栽培は7月中旬までに、トンネル栽培は9月までに出荷されます。

夕張メロンは夕張市農業協同組合の登録商標です。
夕張市農業協同組合に集荷され、厳格な検査に合格したものだけを「夕張メロン」のブランドで出荷し、他では夕張の名称を冠することはできません

北海道夕張市には、メロンから作る世界初のブランデー製造・直販施設の夕張メロン城があります。
正式名称は「夕張メロンブランデー醸造研究所」と言い、ブランデーの発酵室、蒸留室、熟成室、ビン詰めラインといった醸造過程を見学することができます。入館料無料。

三笠メロン

三笠市は、三笠市(みかさし)は、北海道空知支庁管内南部にあり、かっては炭鉱で栄え、『北海盆唄』発祥の地です。
炭鉱閉山後の今日は、豊な自然と水に恵まれて農業が盛んで三笠メロンや邦梅園の梅等が有名です。

三笠メロンの種類
   三笠プリンスメロン
   三笠メロン(赤肉:ネットメロン)(北光)(IK)(ルピアレッド)
   三笠メロン(緑肉:ネットメロン)
   三笠カンロ

北海道空知郡三笠山村(現在の三笠市)では1907年ごろから味瓜(カンロ)等の瓜類を生産し、「キンカうり」、「カンロうり」として重宝されました。
やがて1919年頃から三笠山村でメロン栽培がはじまり、その後1969年に「三笠メロン」が生み出されました。
1993年、南空知5農協の広域合併により、いわみざわ農業協同組合が設立され、ルピア種を「いわみざわスィート」に名称変更しました。
2005年には、三笠産ルピア種の一部を「三笠メロン」と芽命名しました。

らいでんメロン

「らいでん」は積丹(しゃこたん)半島の西側の付け根にある小岬・奇岩が点在する景勝地「雷電海岸」からつけられたものです。
おいしいメロンのできる条件は、すんだ空気、きれいな自然水、肥沃な土地、そして昼夜の温度格差が大きいことですが、羊蹄山やニセコ連邦に抱かれたこの地は、まさに快適な環境といえます。

メロンとネギの混植栽培

ネギとメロンを混植することで、ねぎの根の周囲に生息するシェードモナス菌が、メロンの根に病害を与えるフザリウム菌を減らす働きをしています。
自然の力で疫害を予防するこの試みは、第二回環境保全型農業推進コンクール農林水産大臣賞を受賞しました。

穂別(ほべつ)メロン

穂別町人口3500人ほどの自然に恵まれた街ですが、ち地擁立の博物館があります。
そこには穂別町に住む荒木新太郎さんが発見したホベツアラキリュウが展示されています。
発見から発掘まで丸2年、約1年にわたる議論の後、ホッピー(ホベツアラキリュウ)が眠っていた岩石の中から掘り出す作業に3年7ヶ月。さらに全身復元模型ができるまでに約1年。トータル7年半かけて現代に甦りました。

穂別メロンは、夕張メロン作りに成功した研究者達が、北海道の中でもメロン作りに最適な気候環境を調べていって、「穂別町が一番メロン作りに適している」として、穂別にメロンの種を持ち込んで栽培が始まりました。

富良野メロン

富良野は、北海道上川支庁管内の南部にあり、テレビドラマ「北の国から」などで舞台となりました。
北海道を代表する観光都市として大変知名度が高く、ラベンダーと、ワールドカップが開催された富良野スキー場が有名です。

北海道のメロンは「赤肉」で、良質のバターのような甘味が特徴ですが、ふらのメロンは寒暖の差が激しく、水はけの良い富良野の山すそで生産され、大きさ、甘さ、したたる蜜、しっかりとした肉質、日持ち(すぐに柔らかくなりません)、どれをとっても優秀な品質です。

3ヶ月ごとの季節の美味しさ真っ盛りマップ<7〜9月>へ 3ヶ月ごとの季節の美味しさ真っ盛りマップ<10〜12月>へ 3ヶ月ごとの季節の美味しさ真っ盛りマップ<1〜3月>へ

組合概要・沿革

組合活動

理事長からのメッセージ

お問い合わせ

サイトマップ

大阪本場青果卸売協同組合 copyright(C) 2004 OSAKA HONJOU SEIKA KYODOKUMIAI .All Rights Reserved.