トピックス

JA松本ハイランドサンふじセレモニー開催

11月7日にJA松本ハイランドのサンふじセレモニーが開催されました。
今回は、サンふじの販売セレモニーだったのですが、写真上から群馬で開発された松本ハイランド産「ぐんま名月」写真下は地元長野県の「シナノホッペ」そして中央の写真が今回の主役の「サンふじ」が飾られていました。

(ぐんま名月)

(サンふじ)

(シナノホッペ)

「ぐんま名月」と「シナノホッペ」どちらも「ふじ」を交配していますから言わば兄弟といった感じでしょうか?「ふじ」からすれば子供かも知れませんね。
ちなみに、この日うかがった話なのですが、りんごの赤色は「アントシアニン」だそうで、目などにも良いとされています。
このりんごの赤色の色付きを良くするためには、寒暖の大きさが影響するそうで、寒暖差が大きければ大きいほど色付けが良くなるそうです。
最近、よく耳にする地球温暖化の影響とも言われていますが、色付きの対策として色付きが良い「シナノホッペ」が注目もされているそうです。
とはいえ、今回の主役は、サンふじ!試食も頂きましたが、とってもジューシーで酸味の中にも甘さと食感が特徴的でした。

今回の台風で多大な影響があった長野県ですが、こうして大阪本場にも長野県産のりんごを出荷頂けたことが当たり前でないことが感じられたセレモニーでした。

※実は数ヶ月も前から組合ホームページの担当者が私に代わり、当初右往左往していたのですが、今月に入り、やっと今回大阪本場での出来事を取り上げました。
これからも、日々の出来事を皆さんにお伝えしたいと思いますのでよろしくお願い致します。

PAGE TOP