大阪本場青果卸売協同組合
ホームへ 今月の旬便りへ なにわの野菜塾へ 目指せベジフルさんへ 協子さんの知っ得ノートへ


今月の旬便り しもつ蔵出しみかん

  平成30年1月23日 販売セレモニー&試食会

  

  和歌山県下津港

  

紀伊国屋文左衛門が江戸に蜜柑(みかん)を運ぶために、蜜柑を満載した船で嵐の海に船出した港です。


下津港を望む和歌山県海南市下津地域は長い歴史を持ち、四季を通して温暖な気候と豊かな自然に恵まれた下津は、12月の完熟みかんを糖や酸味のバランスが良くなるまで貯蔵した、全国でも珍しい蔵出しみかんの産地です。

 

蔵でじっくり熟成 
12月に収穫した完熟のみかんをさらに貯蔵庫 (木造・土壁で土蔵のような造りです)でより美味しく仕上げます。

貯蔵庫は土間造りで土壁の厚さが約20センチあります。
生き物のように呼吸する土壁が室内の温度、湿度を一定に保ち、貯蔵されているみかんは酸味が抜けてよりまろやかに仕上がります。
また蔵出しみかんを入れる箱は特製の木箱を使用し、庫内の空気の入れ替えや貯蔵箱の差し換え、品質チェックを毎日きめ細かく行なっています。
しもつのみかんは、熟成されたみかんを蔵から出したその時が収穫の時なのです。


和歌山からお越しの下津の生産者の皆さん。


市場の皆さんも沢山集まって頂きました。
市場見学の皆さんもせりを見学。


テレビ局もトピックスを取材。

試食開始。


左から
○ミカン発祥の地とされる和歌山県海南市のイメージキャラクター「海(かい)ニャン」
○下津蔵出しみかんのみかん大使
○『紀伊国屋ぶんちゃん』 和歌山県海南市のブランドみかん
『しもつみかん』のマスコットキャラクターです。

3ヶ月ごとの季節の美味しさ真っ盛りマップ<7〜9月>へ 3ヶ月ごとの季節の美味しさ真っ盛りマップ<10〜12月>へ 3ヶ月ごとの季節の美味しさ真っ盛りマップ<1〜3月>へ

組合概要・沿革

組合活動

理事長からのメッセージ

お問い合わせ

サイトマップ

厚生食堂(野菜部・果実部)

大阪本場青果卸売協同組合 copyright(C) 2004 OSAKA HONJOU SEIKA KYODOKUMIAI .All Rights Reserved.